スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓看護系の人気ブログが集まっています

にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
看護 ブログランキングへ

臓器移植に関して 看護学校 社会人入試 小論文対策編

注意事項
これはとてもお手本となるようなレベルの高いものではありません。
「こういう雰囲気で書けばいいのね〆(゚_゚*)フムフム」
程度の参考にしてもらいたいです。
実際に見てもらえれば
「こんな駄文、参考にもならんわo(#゜Д゜)_‐=o)`Д゜)・;」
となる可能性大ですが…
こういう情報があってもいいかなと思い、公開してみます。



臓器移植に関してあなたの考えを述べなさい(800字)

 私は、自分が臓器を提供する立場となった場合、臓器提供に賛成だ。私の臓器を使う事で、誰かがより健康な生活を送ることができるのであれば、活用してもらいたい。しかし、私の家族が、脳死などで臓器を提供する立場となった場合、同じように賛成できるかは解らない。「もしかしたら治るのではないか」といった微かな希望にすがるかもしれない。また、「長期脳死になり何十日、何百日でも生きられるのなら、例え意識がなくても心臓が止まるまで一緒に居たい」と考え判断を下せない可能性もある。
 先日、6歳未満の脳死判定と臓器移植が行われた。「息子が誰かの身体の一部になって長く生きてくれれば…」と家族による承諾と、生前の本人の意思表示で移植が実現した。突然の出来事にパニックになる人もいるだろう。しかし、悲しみを乗り越え短時間で家族が決断した事には、尊敬の念を禁じえない。これから長期に渡り「本当にあの判断は正しかったのだろうか」と悩み続ける可能性もある。そういった遺族の心のケアを充実させる必要もある。
 私は、自分の自動車免許証上で臓器提供の意思表示をしている。これは、私の意思を表示すると共に、家族に精神的な負担をかけないためでもある。また、両親とも臓器提供について話し合い、両親の希望も聞いている。両親とはそれだけでなく、終末期医療に関しても話し合い、自分がどんな最期を遂げるたいのかを伝えている。いざという時にお互いの希望通りの判断が下せるかは解らないが、少なくとも希望を聞いていない状態よりは、より良い判断が下せるはずだ。
 この様に、あらかじめお互いの意思を伝えておくことが大切であると、私は考えている。しかし、正しい答えのない判断だからこそ、重い決断を迫られる家族に対する心のケアを厚くしていかなければならない。移植をするにしろ、しないにしろ一人一人が移植について考え、意思表示をすることが大切だ。

↓看護系の人気ブログが集まっています

にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
看護 ブログランキングへ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【臓器移植に関して 看】

注意事項これはとてもお手本となるようなレベルの高いものではありません。「こういう雰囲気で書けばいい

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NEO

プロフィールアイコン

Author:NEO
約10年間、プログラマー・SEとしてIT業界に携わってきましたが、一念発起して看護の世界へ進むことにしたアラサー♂です。
人見知りで超ネガティブ思考の私が、患者さんや10代の現役学生とコミュニケーションを図れるのか!?

アクセスランキング
ランキングアイコン
最新記事
最新記事アイコン
最新コメント
コメントアイコン
月別アーカイブ
月別アーカイブアイコン
カテゴリ
カテゴリアイコン
検索フォーム
検索アイコン
RSSリンクの表示
RSSアイコン
リンク
リンクアイコン
ブロとも申請フォーム
ブロとも申請フォームアイコン

この人とブロともになる

QRコード
QRコードアイコン
QR
あわせて読みたい
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。