スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓看護系の人気ブログが集まっています

にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
看護 ブログランキングへ

人の話をよくきくために心がけなくてはならないこと 看護学校 社会人入試 小論文対策編

注意事項
これはとてもお手本となるようなレベルの高いものではありません。
「こういう雰囲気で書けばいいのね〆(゚_゚*)フムフム」
程度の参考にしてもらいたいです。
実際に見てもらえれば
「こんな駄文、参考にもならんわo(#゜Д゜)_‐=o)`Д゜)・;」
となる可能性大ですが…
こういう情報があってもいいかなと思い、公開してみます。



小論文テーマ : 人の話をよくきくために心がけなくてはならないこと

 人の話をよくきくためには、相手の話を肯定しながら聞くことが重要なのではないかと、私は考えている。相手が話をしている最中には、相づちを打ちながら「うんうん」「それで次はどうなったの」などといった具合にする。そうすると、相手も話を進めやすくなり、スムーズに会話が進むのではないか。
 テレビの討論番組などでは、誰かが話をしている最中でも「そんなことはない!」「それはおかしい!」などと相手の話を最後まで聞かずに割り込んでくる。もちろんこの場合は、討論番組と言う特性上その方が好ましい点もあるだろう。しかし、通常の人と人との会話ではこれは避けるべきことだ。まず、相手の話を最後まで聞かなくては、相手の真意がつかめない。さらに途中で否定的な意見を言ってしまうことで相手の機嫌すら損ねてしまう可能性がある。当然、言い方にもよるが、ひとまず最後まで聞くのが好ましい。
 私は、相手の話を聞いている最中に話の本筋をそらしてしまう癖がある。相手は相手なりのストーリが有って話の構成を考えているのだろうが、ついつい私が気になった点を突っ込んで聞いてしまい、話が別の方向に流れてしまう。これは、別に相手の話を邪魔しようとしているわけではない。話が途切れてしまわないように、気になった点をどんどん質問するようにしているのだ。しかし、これでは相手の真意がつかめないと感じるようになり、ひとまず最後まで話を聞いてから気になった点を質問するように変えた。それにより相手が何を話したいのかが前よりもつかめるようになったと考えている。
 以上のように、相手の話をよくきくためにはいったん相手の話を全てきくことが望ましいと考える。その後で、自分の意見を相手にぶつけることで、お互いに納得のいく会話ができるだろう。私も看護師になったら、まず患者さんの話をじっくりと最後まで聞き、相手が話しをしやすいような環境づくりに心がけたいと考えている。

↓看護系の人気ブログが集まっています

にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
看護 ブログランキングへ

テーマ : 受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

NEO

プロフィールアイコン

Author:NEO
約10年間、プログラマー・SEとしてIT業界に携わってきましたが、一念発起して看護の世界へ進むことにしたアラサー♂です。
人見知りで超ネガティブ思考の私が、患者さんや10代の現役学生とコミュニケーションを図れるのか!?

アクセスランキング
ランキングアイコン
最新記事
最新記事アイコン
最新コメント
コメントアイコン
月別アーカイブ
月別アーカイブアイコン
カテゴリ
カテゴリアイコン
検索フォーム
検索アイコン
RSSリンクの表示
RSSアイコン
リンク
リンクアイコン
ブロとも申請フォーム
ブロとも申請フォームアイコン

この人とブロともになる

QRコード
QRコードアイコン
QR
あわせて読みたい
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。