スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓看護系の人気ブログが集まっています

にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
看護 ブログランキングへ

社会人にとって気になる看護学校の学費について

ハローワーク「ただいま看護師不足ですので、看護学校の授業料が90%OFFキャンペーン中ですが受験されますか?」
私「ぜ、ぜひ (゚∇゚ ;)」


こんな夢を見ましたorz
しかし、現実はこんなに甘くありません。

現役学生時代は学校に通わせてもらうのが当たり前だと思っていましたが
社会人になってみて自分で学費を払うとなると、
それがいかに大変なことなのかが身にしみて解ります。

多くの学校では60万~100万円ぐらいの初年度納入金が必要となります。
公立の専門学校では10万円~のところもありますが、
当然のことながら倍率が高いです(-。-;)
『公立に合格したらラッキー』ぐらいの気持ちでいて、
私立の学費を考慮しておかないとならないでしょう…
さらに、白衣・教科書代で10~20万円ぐらいかかる場合が多いです。

私の場合は、初年度100万+二年次70万+三年次70万円
計240万円ぐらいかかるようです。

240万円といったら、プリウスを買えますね。
そう考えると「結構な金額だなぁ」と思いますが
プリウス買うよりも、看護学校に行ったほうが『人類にやさしい』とおもいませんか?
そうでも思わないとやってられませんね。・゜・(/Д`)・゜・。



忘れてはいけないのは、100万円近くの初年度納入金を
『入学前に一括で払う場合』と『前期・後期に分かれて支払う場合』があるということです。

「結局、全額払わないとならないんだからいつ払っても同じでしょ?」
と、思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありませんm9(・∀・)ビシッ!

前期・後期に分かれて支払う場合、
おそらく後期分は9月頃に支払うことになると思います。

9月になれば奨学金の貸与が開始されている場合が多いので、
資金にもある程度余裕ができるメリットがあります。


そこで次回は、社会人や現役生の親にとって気になる
奨学金について書きます。


お金お金お金…
なにをやるにもお金がなければ始まりません(T▽T)つ⑩

↓看護系の人気ブログが集まっています

にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
看護 ブログランキングへ

テーマ : 受験
ジャンル : 学校・教育

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【元IT戦士の看護学生ブログ】

ハローワーク「ただいま看護師不足ですので、看護学校の授業料が90%OFFキャンペーン中ですが受験されますか?」私「ぜ、ぜひ (゚∇゚ ;)」…こんな夢を見ましたorzしかし、現実

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

Re: No title

どうもありがとうございます。
さらに魅力的な記事を書けるように精進します。
プロフィール

NEO

プロフィールアイコン

Author:NEO
約10年間、プログラマー・SEとしてIT業界に携わってきましたが、一念発起して看護の世界へ進むことにしたアラサー♂です。
人見知りで超ネガティブ思考の私が、患者さんや10代の現役学生とコミュニケーションを図れるのか!?

アクセスランキング
ランキングアイコン
最新記事
最新記事アイコン
最新コメント
コメントアイコン
月別アーカイブ
月別アーカイブアイコン
カテゴリ
カテゴリアイコン
検索フォーム
検索アイコン
RSSリンクの表示
RSSアイコン
リンク
リンクアイコン
ブロとも申請フォーム
ブロとも申請フォームアイコン

この人とブロともになる

QRコード
QRコードアイコン
QR
あわせて読みたい
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。