スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓看護系の人気ブログが集まっています

にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
看護 ブログランキングへ

受験対策 その2 資料の取り寄せ

今回は『専門学校の選択』をタイトルにしようかと思っていましたが、

ちょっと内容が広すぎたので『資料の取り寄せ』に限定して話を進めたいと思います。





専門学校を受験することに決めた後、まずおこなったことは資料の取り寄せです。

専門学校のホームページに、学校案内や募集要項の取り寄せ方が載っています。



私は、とりあえず受験する可能性がある4校全てから送ってもらいました。

(後で解ったことなのですが、オープンキャンパスに参加すると同じ資料をその場でもらえます。

もし、近日中にオープンキャンパスに参加する予定なら、そこでもらえばいいかもしれません。)



それらの資料で確認しなければならないのは・・・



①学校(生徒)の特色

近年、看護学生における社会人の割合が増えたとはいえ、大半は現役生です。

さらに、男女比は男1:女9ぐらいで、いくら男性が多くても男3:女7ぐらいでした。

学校案内に載っている写真を見ながら、どの様な生徒が多く在籍しているのかを確認すると良いかもしれません。

『同じ社会人が多い方が心強い』とか『幅広い年齢層の人たちと交流をはぐくみたい』など,自分の考えにあった学校を探しましょう。



②学費

学校によっては、前期・後期に分けて入金する場合と、1年分を一括で入金しなければならない場合があるので確認が必要です。公立の学校の場合、通常の半額ぐらいで通える場合があるようですが、やはり競争倍率が高いです。



③試験内容

社会人入試の場合、現代文+小論文+面接。

一般入試の場合、現代文 数学ⅠA 英語Ⅰ 理科(物理 化学 生物)の中から2or3科目課される場合が多いようです。



④試験日程の確認

試験日程をしっかりと確認しましょう。私は、試験一週間ぐらい前まで、試験日を勘違いしていました(*_*)

ホームページ上から試験日を確認していたんですが、どうも私が確認したときには、まだ昨年度の情報が掲載されていたようで…



⑤オープンキャンパスの日程確認

オープンキャンパスは、その学校の雰囲気をつかむ良い機会です。面倒くさがらずに積極的に参加しましょう。







特に確認が必要なのはこれぐらいでしょうか。

あとは、入試の過去問題も送ってくれる場合があるので同時にお願いしてみましょう。

これがあるかないかでは、大きな差になると思います。


(有名な専門学校の場合、書店に過去問題がおいてあるらしいです)

ただ、残念なことに回答を頂くことが出来なかった学校もありました。

答え合わせが出来ないと、効果半減ですよねぇ…







資料に関してはこれぐらいにして、

次回は『オープンキャンパス』についてです。

↓看護系の人気ブログが集まっています

にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ
看護 ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NEO

プロフィールアイコン

Author:NEO
約10年間、プログラマー・SEとしてIT業界に携わってきましたが、一念発起して看護の世界へ進むことにしたアラサー♂です。
人見知りで超ネガティブ思考の私が、患者さんや10代の現役学生とコミュニケーションを図れるのか!?

アクセスランキング
ランキングアイコン
最新記事
最新記事アイコン
最新コメント
コメントアイコン
月別アーカイブ
月別アーカイブアイコン
カテゴリ
カテゴリアイコン
検索フォーム
検索アイコン
RSSリンクの表示
RSSアイコン
リンク
リンクアイコン
ブロとも申請フォーム
ブロとも申請フォームアイコン

この人とブロともになる

QRコード
QRコードアイコン
QR
あわせて読みたい
あわせて読みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。